リンク集
プライバシーポリシー
取り組み
アクセス
会社概要
トップページ
グランヒル大阪のトップページです
取り扱い商品一覧
当社では、信頼できる商品を厳選して取り扱っております
ご購入はこちら
当社インターネット会員「とくとく会員」のみがご購入いただけます
当社の割引情報
お得にご購入いただける当社独自の会員制度・割引制度です
医家向け商品一覧
医療機関向け専売商品も
取り扱っております
顧問医師の紹介
当社顧問医師・北廣美先生のご紹介です
ドクターズサプリ
医師向け情報サイト。健康食品や学会の情報・専門資料等
取扱原料「わさび葉」
当社取扱原料「わさび葉」についてご紹介します
問合せフォーム
商品や健康についてのご相談など、気軽にご連絡ください




台風19号および10月25日の大雨による被害と荷受停止について
このたび関東甲信越地方から東北地方にかけて、台風19号および10月25日の大雨の影響で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今回の災害の影響により、東京都西多摩郡奥多摩町方面へのお荷物は荷受停止の状況となっております。また、宮城県石巻市の折浜・小竹浜地域へのお荷物のお届けに遅れが生じております。何卒、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。
詳しいお届けの状況については、最寄のヤマト運輸営業所までお問合せくださいませ。
グランヒル大阪からのお知らせ
■ヘルスケア食品展2019に出展いたします
11月14日(木)~11月16日(土)に福岡県北九州市の西日本総合展示場で開催されるヘルスケア食品展2019に出展いたします。PQQ含有の当社新商品を販売する予定です。
ブース番号50にて皆様のご来場をお待ちしておりますので、ぜひお越し下さい。
→★ヘルスケア食品展2019特設Webサイト

■フコイダンプラスパーフェクトの包装と形状が変更されました
「フコイダンプラスパーフェクト」は、これまでの包装は150 粒の瓶入りでしたが、 30 粒のアルミ袋入の包装に変更し、コンパクトで軽くて持ち運びやすくなり、さらに健康維持としてもお買い求 めいただきやすい価格になりました。
また、ご利用いただいている方から、形状についてのご要望が継続して多数寄せられているため、この度「フコイダンプラスパーフェクト」の形状が、三角形から丸型(俵型)に変更されました
→詳しくはコチラ
→商品ページはコチラ

■東京で行なわれた学会に、企業出展いたしました
第40回日本臨床栄養学会総会・第39回日本臨床栄養協会総会・第16回大連合大会で、PQQ含有「スッキリライフ」をはじめ、いくつかの取扱い商品の展示を行ないました。
→詳しくはコチラ(学会のwebサイトへ移動します)

■PQQが欧州委員会から新規食品(Novel Food)として承認されました
これまで100余りの食品・食品原料しか認められていないNovel Foodとして、PQQがヨーロッパで認められました。
→詳しくはコチラ(三菱ガス化学株式会社のwebサイトへ移動します)

■PQQが欧州食品安全機関(EFSA)によって安全性に問題がないことが認められました
厳しい基準が設けられている欧州食品安全機関で、PQQは安全であることが確認されました。
→詳しくはコチラ(食品安全委員会のwebサイトへ移動します)

■PQQがアンチドーピング認証を取得しました
機能性食品素材「BioPQQ」が 原材料として国内市場初のアンチドーピング認証を取得しました
→詳しくはコチラ(三菱ガス化学株式会社のwebサイトへ移動します)

■酵素処理アスパラガス茎エキスが農林水産技術会議会長賞を受賞
酵素処理アスパラガス茎エキスを製造している株式会社アミノアップが、農林水産分野の研究開発に対する顕著な功績・功労をたたえる農林水産技術会議会長賞を受賞しました
→詳しくはコチラ(株式会社アミノアップのwebサイトへ移動します)
【 酵素処理アスパラガス茎エキスが入った商品 】
●アスパラガスとPQQとCoQ10のスッキリ人生(ライフ)
●ETAS ハードカプセル

■業界紙ヘルスビジネス(2017年10月1日号)の新商品コーナーに掲載されました
新商品「アスパラガスとPQQとCoQ10のスッキリ人生(ライフ)」が紙面上の新商品コーナーに掲載されました。
この新商品は、注目素材アスパラガス抽出成分、PQQ(ピロロキノリンキノン)とコエンザイムQ10を配合した、現代社会で多くの人が気になる様々な健康状態に良い作用が期待できるサプリメントです。
ぜひ、ご利用ください!
● 購入はこちらから ●

■当社代表取締役 飯沼のインタビュー記事(後編)が掲載されました
AHCCの情報提供webサイト「AHCC倶楽部」で当社代表取締役 飯沼のインタビュー記事の後編が掲載されました。
インタビューの内容はこちらからご覧いただけます。
先に公開された前編はこちらからご覧いただけます。
PQQ(ピロロキノリンキノン) 物語
■東京で行なわれた学会で、PQQのランチョンセミナーが開催されました
第40回日本臨床栄養学会総会・第39回日本臨床栄養協会総会・第16回大連合大会で、「新規食品素材 PQQの生理機能性と作用機構」という演題でランチョンセミナーが開催され、高齢化社会におけるPQQの作用について、ミトコンドリア新生促進作用を中心に、私たちの健康維持とのかかわりを紹介されました。
→詳しくはコチラ(学会のwebサイトへ移動します)

■2018年8月:PQQが欧州委員会から新規食品(Novel Food)として承認されました(三菱ガス化学(株)のニュースリリース)
これまで100余りの食品・食品原料しか認められていないNovel Foodとして、PQQがヨーロッパで認められました。

■2018年3月:PQQがアンチドーピング認証を取得しました(三菱ガス化学(株)のニュースリリース)
機能性食品素材「BioPQQ」が 原材料として国内市場初のアンチドーピング認証を取得しました

■2017年11月:欧州食品安全機関(EFSA)によって安全性に問題がないことが認められました
(食品安全委員会のwebサイトへ)

厳しい基準が設けられている欧州食品安全機関で、PQQは安全であることが確認されました。

■2017年9月:業界紙ヘルスビジネス(2017年9月1日号)の特集コーナーに掲載されました
PQQとワーキングメモリーについての記事が、紙面上の特集コーナーで掲載されました。

■2017年9月:業界紙ヘルスビジネス(2017年9月1日号)に掲載されました
脳機能の中でも日常生活への影響が現われる能力に対しての研究について、紹介されました。

■2017年7月:大学での共同研究の発表がありました(2017年7月5日・日経電子版で確認できます)
名古屋大学、久留米大学、愛知医科大学などによる研究グループが、PQQの作用の仕組みを解明したというプレスリリースを発表しました。

■2014年:日本でも食品としてPQQを使用することが可能に

■2008年:アメリカFDAで健康食品素材として認可されました
北米では、さっそくPQQ配合サプリメントが販売開始されました

■2006年:東京農工大学などの研究チームがαシヌクレインに関する研究結果を発表
パーキンソン病の原因たんぱく質であるαシヌクレインなどのアミロイドを形成 するたんぱく質・アミロイド線維形成に関する研究結果が発表されました

■2003年4月:新規ビタミンの可能性がある成分として報じられる
理化学研究所は、PQQが14番目のビタミンとなる可能性がある物質であることを発表しました

アスパラガス 物語
■酵素処理アスパラガス茎エキスが農林水産技術会議会長賞を受賞
酵素処理アスパラガス茎エキスを製造している株式会社アミノアップが、農林水産分野の研究開発に対する顕著な功績・功労をたたえる農林水産技術会議会長賞を受賞しました
→詳しくはコチラ(株式会社アミノアップのwebサイトへ移動します)

■日本でのアスパラガスの産地といえば北海道
全国生産量のうち、15%ほどが北海道産

■アスパラガスの旬の時期
アスパラガスは春~初夏にかけてが旬の時期。3~6月頃が旬ですが、秋まで収穫できるほか、輸入ものもあり、年中食べることはできます

■アスパラガスは木のように成長する?!
食用に売られているアスパラガスは20cmほど。しかしアスパラガスを収穫せずに成長させると木のようにたくさん枝をつけ2m程度にまで成長します

■緑のアスパラガスと白いアスパラガスの違い
よく店頭で見かけるグリーンアスパラガスと、缶詰などで見かけるホワイトアスパラガスは、同じ種類で栽培方法が異なります。
グリーンアスパラガスは日光をたっぷり浴びて育ちますが、ホワイトアスパラガスは日光を遮断して栽培したものです。食感や風味が少し異なります

■酵素処理アスパラガス抽出物がHSPを誘導
酵素処理アスパラガス抽出物は、体内でヒートショックプロテイン(HSP)を誘導する(HSP70遺伝子)ことが世界で初めて発見されました

■栄養ドリンク有名なアスパラギン酸はアスパラガスから発見された
アスパラギン酸は、1806年に発見されたアスパラギンの加水分解物として発見され、1868年にたんぱく質の加水分解物としても得ることができました

■北海道で本格的なアスパラガスの栽培が始まったのは大正12年頃といわれています
寒さに強い作物であることに注目され、栽培が始まりました。ホワイトアスパラガスの缶詰製造から始まり、昭和50年ごろまではグリーンアスパラガスよりもホワイトアスパラガスの缶詰の方が出回っていました。

■ヨーロッパでは古来から馴染みの食材
ヨーロッパでは、食用・観賞用の野菜として古くから親しまれており、今でも野菜の女王と言われています

SSL